2012年02月04日

スノウ・ムーン

20120203213201.jpg

 午後、まだ空の青い時刻。ジェットエンジンの音に顔を上げれば、漂白剤で洗ったかのように真っ白な巨体が滑っていく。まるで空飛ぶクジラだ。(それは子どものころに聞いた悲しいフォークソングではなく、どこか希望に満ちた。)
 クジラが去ると、その向こうには天頂に差しかかった上弦の白い月が見えた。見事に雲ひとつなく、青く染まった視界に溶け残った雪は飛行機と月だけだった。

 君に会いたくなった。

 When I see moon, I think of you.

 今夜、青山は一足早い満月だった。
posted by 渡邉健太 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。