2012年01月25日

登戸チューズデイ

縁もゆかりもない多摩川の近くに暮らして/もう十年くらい経った/なんでって分かんねえ
本当は庄内川がいいんだ/ずっとあの川の側で育って/匂いとか花粉症とか
花火っつったら矢田川だろ/鞄ほかって/赤い大橋渡って/交通規制の堤防走った/一緒に見上げて首痛くなったろ

縁もゆかりもない多摩川の近くに暮らして/もう十年くらい経った/なんでって分かんねえ 
淀川の花火は大混雑で/子どもも大人もみんな十三のラブホ街を/手を繋いで歩いてた

縁もゆかりもない多摩川の近くに暮らして/もう十年くらい経った/なんでかって分かってる
なんで死にたくなかったり/なんで東京を離れられねえかって/そんなん好きだからに決まってんだろ/お前と一緒にいたいからだろ

もし世界の果てまで行っても/回れ右したら/そこはまだ出発点
実は何度も回れ右して/実はこの辺からあんまり移ってない
今度は踏ん張って/回れ右しないで/もうしばらく多摩川沿いに歩いてみるわ/もうずっとこの川に詩噛みついて歯慣れねえぞ○○○○○○○○

縁もゆかりもない多摩川の近くに暮らして/もう十年くらい経った
お前に会って/三年ちょっと経った
この川の花火の音は/まだ好きになれねえけど
ほかに大事なことなんかありゃしねえから
posted by 渡邉健太 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

Happy Lunar New Year!

 本日は旧正月だそうで。明けましておめでとうございます。
 いわゆる年末年始はどうにも忙しなくて、このくらい余裕のある時期に正月だとほっとします。こっちが本チャンだと思っていれば、なんか心にゆとりができそう。これからそうしよう。

 一年の計は元旦にあるそうなので、なんか目標ないかなと考えて、思い付いたのが「チョ☆チョニッシーナマッソコぶれッシュ☆エスボ☆グリバンバーベーコンさん」でした。学生時代に暗記して、ガールフレンドに「覚えたのー!?」とつっこまれました。いまでもそらで言えます。略して「ポ・エ・ム」です。
 もう真っ先にこれが頭に浮かぶ時点で、かなりやばいです。でも一度浮かんでしまったら、もう腹を括るしかない。俺はポエムを詠むしかない。

 去年の三月に「四月のライブを終えたら引退する」みたいなことを言いました。いまでも次の四月にライブやって辞めようかなと思ったりします。いまのところ四月にライブの予定ないけど(笑)。或いは来年の四月かも。
 とりあえず最後のライブは四月にしようと思います。その最後の四月が来るまで、もうしばらく渡辺タテタをやろうと思います。
posted by 渡邉健太 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

calm

 最近、ビートルズの「オクトパス・ガーデン」に関心を持っている。リンゴ・スターが混乱に陥ったグループを嘆いて作ったと有名な歌だ。海の底のタコの庭で、おもしろおかしく過ごそうよ。そんなふざけたことを言いながら、平穏を希求していたことが悲しいほど伝わってくる。

 いま、「オクトパス・ガーデン」をオマージュした詩を書いている。リンゴの悲しみを受けて、俺らしいアイロニーで応えて、そしてもっと穏やかな詩。



 昨日、帽子屋。濃くも薄くもないベージュの、つばの小さなハットがあった。鏡に映してみると、形も大きさもしっくりきている。ちょうど羽織っていた紺の上着とも合っていた。
 左の側面から後頭部にかけて、グリーンの文字が入っていた。

 IT'S A GOOD DAY TO DIE
 死ぬにはいい日だ

 意地悪く読めば、自殺日和ってとこだろうか。なんとも変なことを書いた帽子だ。恋人はこのテキストがとても気に入らなかったようで、購入に強く反対した。俺はそんな彼女をなだめながら、しぶとく鏡の前に立っていた。
 しばらく見ているうち、こんな明るくて気分のいい帽子が、よりにもよって自殺なんてするだろうかと思い始めた。形容はともかく、何よりもGOOD DAY(いい日)じゃないか。きっと死んでも惜しくないくらい、とてつもなく幸福な日のことなんだ。
 俺はものすごくその帽子がほしくなったんだけど、彼女がご機嫌斜めだったので諦めた。帽子と恋人じゃ、どちらが大切かは天秤にかけるまでもない。帽子なんてなくても、十分にいい日じゃないか。

 帰宅して、あれこれ片付けを済ませたあと、またあの言葉を思い出した。死んでも構わないくらいのいい日なんて、なんて美しいんだろう。
 きっと何か引っかかるだろうと思って検索すると、案の定みつかった。ネイティブ・アメリカンの言葉だった。
 死を迎えるのに、これほどいい日はない。ありとあらゆる命、声、畑、家族、善、そして悪。すべてが在るがままの美しい日……。

 神がサタンを滅ぼして楽園が訪れるのではなく、何もかもがそのままで、ただ自然に隆盛し、自然に朽ちる。まるで禅のようなcalm。すべてそこに在る(色)のに、何もない(空)かのようだ。

 IT'S A GOOD DAY TO DIE

 俺も、こんな穏やかな詩を詠もう。
posted by 渡邉健太 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

さんれんQ

0
 うまく説明できないことは、しなくていい。

 ハッピーマンデー。

1
 半身浴をしながらカレル・チャペックの『ロボット』を読んだ。喜び。よい文章を読むということ。

 「認識の時代のあとの生産の時代」という言葉が、ああ、なるほどなと。それは認識では生活を豊かにできないということでもあるし、しかし認識は生産に対してメタなものでもある。どちらが先ではなく、メタと具体としての認識と生産。
 もちろん文脈ではそうではなかったけれど、バランスを欠いた世界は破滅した。

2
 俺はなるべく仕事をしたエリアでお金を使うようにしていて、つまり経済ってのは稼いで払っての双方向だから。九千円もらった商業施設で千円のランチを食べれば、手元に残るのは八千円でも、お金の動きは一万円。
 自身の周辺でグルグルとお金を循環させて、ちょっとずつ利益を上げる。グルグルが速ければ、すごく儲かる。景気がよくなる。

 俺はなるべく関心のないものも観に行くようにしていて、つまり実際に観てみないと本当に関心がないのかどうか分かんないんだよね。
 そうやって観に行ったサッカーはすごく面白くて、かれこれ十年くらいフロンターレのサポーターをしている。

3
 フットボールにチェンジ・オブ・ザ・ペースが重要なように、試合そのもののスペクタクルも浮き沈みのギャップによって生まれる。90分かけて一点も入らないことさえあるからこそ、ゴールの生み出す感情は想像を絶するものになる。
 かえってテレビのサッカー中継は余計な物を足し過ぎている。試合そのものとは別の演出をしかけて、視聴者から試合に対する集中力を奪う。90分間を感動で埋めようとして、ギャップのないのっぺりとしたサッカーを映し出す。こうしてフットボールの感動は失われる。

 四中工は先制して、日テレは黙らない。(舌噛んで死ねばいいのに。)

4
 インテル関連の同人誌二冊を一気読み。どうしてこんなに読み進められたんだろうと、もちろん関心が手伝ってというのもあるけど、思うに縦書きだったからという結論。横書きの長文を読むのはしんどくて、やっぱり日本語は縦書きがいい。
posted by 渡邉健太 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

日本征服

20120105131958.jpg

1
 全日本大学サッカー選手権大会。
 母校が決勝戦に進出したと聞き、意を決して帰京した。こんなきっかけでもなければ、週明けまで実家でダラダラしていただろう(笑)。

3
 前半から後半の立ち上がりは一進一退で、明治の効果的な攻撃に(これは時間の問題か)と思う場面もあった。多分に運が働いたと思う。
 決めきれない相手に対し、針の穴を通すようなシュートで先制。その後は選手間の距離が近く保たれ、安定したポゼッションから縦に、逆サイドにと見事な展開で攻め立てた。
 狭いエリアでのパス交換はリスクもあるが、専修は高いテクニックと献身的なランニングでそれを継続した。試合終了後にインタビュアーが「美しいサッカー」という言葉を使ったが、(多少の贔屓目はあるけれども)それを許容できる楽しいフットボールだった。

 全国制覇おめでとう。

4
 望まなければ、世界は望外の喜びに満ちている。/勝利者たちは、負け泣かった。/座ってのんびり観るサッカーは寒い。(結論)
posted by 渡邉健太 at 02:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。