2011年07月11日

星は見えない、俺はここにいる。

みなとみらい 葉っぱの形のホテルから節電された星空を見る     渡辺タテタ

ダイエーの便所の電波は圏外でいつからだろうと思えば余震

就職は思い通りにいかなくてトリケラトプスを絶滅させる

みぎひだり揺れては眠る女子高生右膝に火傷の水脹れ

はつなつが上着を奪って俺たちの伝わる、柔らかい、温かい

いつまでもいないでください寝返りの打ち方は思い出しましたから

曇天に鳥たちの鳴き出して朝、西方は洒涙雨の知らせ

ポロシャツを干して小便済ましたら白いチューリップを買いに行く
posted by 渡邉健太 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

夏の雨、踏切を渡る、孤独、うどんを食べに行く詩

「Il pleut」     渡辺タテタ

La foudre
C'est la pluie d'été

Moi japonais, j'écoute le son "il pleut"
Donc j'imagine les larmes
Les sons qu'ils pleurent
"Il pleut, il pleut, il pleut ilpleutilpleut..."

L'aventure
Je traverse le passage à niveau à côté de la gare
Pour aller manger Udon
Je seul
Le passage à niveau qui n'arrête pas de son
"Il pleut, il pleut, il pleut ilpleutilpleut..."
posted by 渡邉健太 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

神様へ

「and life」     渡辺タテタ

God, please say "She's safe"
Then I have no fear
I mean, I love you
And life (is continuing)

神様よ、頼むから「あの娘は大丈夫だ」って言っておくれよ
そうすりゃ俺は怖いものなんて何もないんだ
つまりさ、愛してるんだ
そして命は続いていくんだ
posted by 渡邉健太 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

夏の日の思い出

 昨日は神楽坂に用事があって、東西線で早稲田を通過した。ほんのひと夏だったけれど、真夏を大学で過ごす機会はなかなかないから、夏の思い出と言えば早稲田。

自販機の前で悩める女学生と横目で見合う早稲田真夏日     渡辺タテタ
posted by 渡邉健太 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

或る朝の群青

 申し合わせたように数秒の沈黙。スピーカーがASIAN KUNG-FU GENERATIONを真似て「或る街の群青」のイントロを奏でる。ギターにドライブがかかったところで、排水を終えた洗濯機がけたたましく脱水を開始した。共鳴するアーティストとオーディエンスのメタファー。

 本当の声は、ライブ会場にある。

君に似た声で歌えるコンパクトディスクリードオンリーメモリー     渡辺タテタ
posted by 渡邉健太 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。