2011年12月18日

シンクロンターレ

「あれは、タクミの判断で、悪いとかそういうことではない。」(2003年、石崎信弘監督/現コンサドーレ札幌監督)

 俺にとってフロンターレはこの一言に集約されている。

 ピッチに立つ11人は監督の手足であり、その判断は監督の判断でもある。監督にとって彼らは自分自身であって、それは誰かが悪いとかそういうことではない。
 スタジアムに立つ12人はひとつのチームであり、その判断は自分自身の判断でもある。俺にとって彼らは自分自身であって、それは誰かが悪いとかそういうことではない。

 カウンターを招いたパスミスも、決定機を逃すシュートミスも、選手を鼓舞するに足りない声援も、すべて俺自身のプレーだ。選手は90分間、最後まで走り続ける。どんなに大差で負けていようとも、残り時間が1秒でも、負ける前から負ける訳にはいかないのだ。だから俺は12番を背負って歌い続ける。

 全体には個別の役割がある。組織する役割、走る役割、歌う役割。
 テクニカルエリアに誰が立っていようと、ピッチに誰が立っていようと、Gスポットで誰がコールをしていようと、ゴール裏で誰が大旗を振り上げようと、すべてが移り変わったとしてもフロンターレであることだけは変わらない。そこで俺は歌う。

 フロンターレは俺自身であって、それは誰かが悪いとかそういうことではない。

 すべてが違う試合で、すべてが違うシーズンで、すべてが無常であるこの世界で、ただフロンターレとしてたゆたう。
posted by 渡邉健太 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

FCバルセロナ雑感

1
 ピッチの片側で繰り広げられる攻防を眺めながら、何かに似ているなと思った。詰将棋だ。
 右にボールをはたく、縦を伺う、寄せる、戻す。左にボールをはたく、戻す。縦に楔のボールを入れる、囲む、跳ね返す。こうした試行を続けるうち、決定的なパスコースやシュートコースが生まれ(王手)、ゴールに蹴り込まれる(詰み)。

 まさに身体を使った頭脳ゲームで、スタジアムで見る創造力豊かな攻撃はさぞかし面白いだろうなと思う。

2
 それが試合である以上、両チームともに求めるのは「勝利」だ。しかしファンは「面白い/つまらない」と試合を評する。

 例えばバルサが苦戦して最小得点で試合が終われば、或いは大量失点に終わったとしてもリスクを犯して攻撃に出れば、ファンは対戦相手を賞賛するかもしれない。しかしそれはバルサが勝つことを前提にした詰将棋だ。フットボールではない。
 負けて「面白い試合だった」と賞賛された対戦相手は、嬉しくもなんともないだろう。彼らは最も重要な「勝利」を得られなかったのだ。そこには齟齬が生まれて当然で、こうした前提条件を一にしない批評は不幸しか生まない。

 善戦は敗者の美学だ。ピッチ上にいる選手がそんな美徳に惚れ込むだろうか。彼らは試合が終わる前から敗者ではない。

3
 ゴール前に置かれたバスの小さな窓、或いはタイヤの隙間からゴールを奪ってみせるブラウグラナは芸術品だ。心が躍り、自然と顔がほころぶ。もはや「アンクロワイヤーブル!」としか言葉が出ない。

 そして圧倒的なボールポゼッションで相手を押し込み、齟齬を生む。

 彼らが行なっているのは、フットボールだということを忘れてはならない。対戦相手へのリスペクトを忘れ、まるで道化のように華々しくやられてみせることを要求してはならない。フットボールを殺すのは守備的戦術ではなく、試合終了の笛が鳴る前から相手に敗者の役割を求める歪みだ。
posted by 渡邉健太 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

傷は癒え、ギターは歌う。

 夏の日差しに焼けた肌が白くなるように、秋に負った傷もまた癒える。

 去っていった季節のことを想いながら、短歌、詩、ギターロックをお届けします。

Live Number:71
mido midnight vol.19
http://d.hatena.ne.jp/mido-mido-mido/
日時:12月14日(水) 開場19:30/開演20:00
会場:池袋3-tri-
出演:オープンマイク(ホスト:mido、ゲスト:渡辺タテタ/長谷川智子)

セットリスト:
2011年の短歌、十七首
「2010年」
「ミミズ詩人宣言」(初演)
posted by 渡邉健太 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

羽田空港詩編

20111201152750.jpg

「ミミズ詩人宣言」     渡辺タテタ

思い立ったので吉日

女の子が歓声を上げてタッキー&翼に殺到する
俺にもあんなスカートの短いファンがほしい

素材、時間、渡辺タテタ
モチーフ、シンクロニシティ、三ツ矢サイダー
洗濯物を畳んだら、少し元気が出た

京急の加速する音を聞いて「羽田なう。」
ANAのしっぽが並んどると、クジラの群れみたいだな
そしてジェットエンジンの音、チョーかっけえ!

僕らの翼には背中がある
キッチンの蛍光灯は切れかけで、ストロボみたいになっとる
君が世界でいちばん美しいことを、相対性理論は照明できない
赤信号が照らして、翼

放射線撒散らかして人間を殺すのって、飛行機から農薬撒いて害虫を殺す感じ?
人を殺すつもりで作った訳じゃない原発はこんなんで、
人を殺すつもりで作った原爆とかもう想像付かねえ
害虫が絶滅危惧種になったら、やっぱり保護するのかな
オランウータンがいなくなったら嫌だけど
ゴキブリだったら、新聞丸めて叩くと思うな

口から入れてケツから出すって意味では、俺はミミズと一緒だな
自分の内側で生成して口から出すって意味では、俺は詩人と一緒だな
渡辺タテタのジャンルは「ミミズ詩人」です
posted by 渡邉健太 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

昨日、愛について

 「愛してる」という言葉の無様さは、口に出した人間にしか分からない。
 愛は意味ではなく、感じるもの(詩)の側にある。俺は昨日、ようやく知るに足る回数そう言った。

 今日、俺は愛を喩えるために、観覧車の詩を読もう。

Live Number:EX
開口一番 vol.33
http://ameblo.jp/kaikou-ichiban/
日時:12月5日(月) 開場19:00
会場:渋谷PLUG
出演:オープンマイク(ホスト:ヒエ、MC慎太郎、猫道)

セットリスト:
町行きバス
posted by 渡邉健太 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。